ページの先頭です。
メニューを読む

わたしたちについて

アイリーン・アーカイブとは

写真家W. ユージン・スミスと環境ジャーナリストであるアイリーン・美緒子・スミスの二人が、3年間水俣で生活をしながら撮影した『水俣』全作品に関する著作権管理を行う組織として、1994年に発足しました。

世界写真史の中の名作として、大阪人権博物館(リバティーおおさか)や美術館への収蔵をはじめ、歴史的な公害問題としての真の原因や、加害者・被害者の関係性、環境問題として議論や理解を深めていくための教材、各種出版物、展覧会、テレビ番組、講演会、出版などに広く活用されるための作品貸出しを行なっています。

これまでの主な取引先

  • 京都国立近代美術館
  • 東京都写真美術館
  • 大阪人権博物館(リバティーおおさか)
  • PPS通信社
  • 札幌市
  • 講談社
  • 日本標準
  • 学習研究社
  • 新学社
  • 角川学芸出版
  • 偕成社
  • シグロ
  • 京都大学 大学院
  • 水俣フォーラム
  • 読売新聞
  • 西日本新聞
  • 日本テレビ
  • NHK
  • NHK大阪放送局
  • NHK熊本放送局
  • BBC(イギリス)
  • Aperture(アメリカ)
  • Editions du Seuil(フランス)
  • Editions plus - pisa university press(イタリア)

連絡先

〒665-0035 兵庫県宝塚市逆瀬川1-13-1
アピア3 2階 宝塚メディア図書館内

Tel: 0797-76-5724
Fax: 0797-76-5725
E-mail aarc@medialib.jp
URL http://aileenarchive.or.jp